TROJAN 77: A GAMIFIED SIMULATION OF THE TROJAN VIRUS(トロイの木馬をシミュレート)

今回はArduinoでトロイの木馬をシミュレートできるTrojan 77の紹介です。

トロイの木馬とは有害である可能性を持つユーザーのコンピュータに権限を持たないリモートアクセスを行うためにデザインされたマルウェアです。

trojan77-e1456177386241

このプロトタイプはコンピュータウイルスによる重大な影響を教えるために製作され,テクノロジーミュージアムで展示されています。

tilting labyrinth gameに触発され製作されたこの装置は、パスワードの漏洩、ファイルのデリート、そして最終的にシステムがクラッシュするというトロイの木馬の代表的な影響をシミュレートします。

原文(TROJAN 77: A GAMIFIED SIMULATION OF THE TROJAN VIRUS

 

感想

途中に出てくるtilting labyrinth gameとはiPod nanoなどでプレイできたmazeの様なものでしょうか?アナログのゲームにヴァーチャルの世界を組み合わせるこの感じ。すごく心が震えます。

製作にはどうやらProcessingとArduinoを使っている模様。一瞬中身を開封する場面が見られますがブレッドボードに配線がうじゃうじゃにされていますね。

その他には光センサ、ジョイステック、サーボーモーターが2台使われているようです。

見た感じディスプレイを使うのではなく、ハードの上にプロジェクターでProcessingのスケッチを投影しているように見えます。とてもいい感じです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top