VisualStudio2012でopenCVを使うときに困ったこと

  • 画像処理をする機会があったので重い腰を上げてVisualStudioの環境を構築することにしました。

使いたかったのはOpenCVということでとりあえずOpenCVをダウンロード+インストール。Ver3.0を入れました。

そしてVisualStudioのインストール

環境は

  • windows8(64bit)
  • VisualStudio2012 premium

です。

VisualStudio2012は学生の特権でMicrosoft Dreamsparkから。

そしてパスを通してコンパイル

「「「「インクルードファイルが開けません」」」」

・・・

ちょっと泣きそうになりました。

わからんなーってなっているとopenCVならぬーげっと使った方がいいよというアドバイスが。

ぬーげっとって何?

どうやらnuGetとはライブラリを簡単なパッケージにしたもの(パスも通してくれる)でVisualStudioにライブラリを導入するときのしきいを下げてくれるもの…という解釈をしています

研究や趣味でガリガリ画像処理する人はきちんとインストールしてパスを通したほうがいいんだろうけど、今やろうとしていることは短期決戦型なのでnuGetを使うことにしました。

(nuGetはプロジェクトごとにインストールするという形をとっているみたいなのでopenCVを使う別のプロジェクトを作成するときはその都度nuGetを用いてインストールしないといけないみたい)

まぁnuGetで何の問題もなく進んだというわけではなく、最初はまた「インクルードファイルが開けません」といわれました。

また頭を抱えることになったのですがnuGetの更新とVisualStudio2012のupdate5の更新をインストールすることで解決しました。#すごく参考にならない

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top