ハミルトニアン

物体の運動などを記述する際に使用

高校物理などで学習するニュートンの第二法則による運動の記述では物体の位置の求める際に2階の微分を解く必要があるが、ハミルトニアンを用いることで1階の微分を解くことで同じことが可能となる。

ハミルトニアンとはエネルギー(運動エネルギーやポテンシャルエネルギー)の和であり、ハミルトニアンを用いて運動方程式を解く場合には物体の位置、運動量を用いる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top