ESP-WROOM-02の配線をまとめてみる

無線モジュール”ESP8266″の安定版である”ESP-WROOM-02″を今更ながら触ったので、簡単にまとめます。最終目的はATコマンドを使ってArduinoからESP-WROOM-02をコントロールすることです。

今回は配線についてまとめていきます。

使用するパーツ

【永久保証付き】Arduino Uno

【永久保証付き】Arduino Uno

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス

ブレッドボード用電源ボード5V/3.3V切り替え式

ブレッドボード用電源ボード5V/3.3V切り替え式

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス

ロジックレベル双方向変換モジュール

ロジックレベル双方向変換モジュール

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス

ACアダプター 9V/1.3A

ACアダプター 9V/1.3A

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス

配線図

2017_3_11_

対応表

配線を表にまとめます。(ArduinoからATコマンドを打ってESP-WROOM-02をコントロールする場合)

ピン名
3.3V +
EN 10kΩを挟んで+
IO15 10kΩを挟んで-
IO2 10kΩを挟んで+
IO0 10kΩを挟んで+
GND
RST 10kΩを挟んで+
TX ArduinoのRX
RX ArduinoのTX

注意点

Arduinoのシリアル通信に使う電圧が5Vに対して、ESP-WROOM-02は3.3Vなので電圧があっていません。そこでロジックレベル変換モジュールで電圧の変換しています。

ロジックレベル変換ボードのLV側には3.3VのVCCとGND、そしてRXとTXをつなぎます。HV側には5VのVCCとGND、そしてRXとTXをつなぎます。

電源はArduinoと赤い電源ボードの両方につなぎます

次回

これで配線はできたので、次回はATコマンドでコントロールするためにESP-WROOM-02の設定を変更して使いやすくしようと思います。

1 Comment

  1. Pozycjonowanie UK
    2018年2月23日

    Goߋdd write-ᥙp. I ԁefіnitely appreciate this website.
    Keep writing!

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top